不登校きろく

【小1不登校】不登校ボーイとHAHAHA【6】順調かに見えた1学期後半

2021年9月に不登校になった小1息子と母の記録。
いつかこの日々を振り返った時にそんなこともあったね、ハハハと笑っていられるように…
今も現在進行形の実録。「不登校ボーイとHAHAHA」
【1】~【5】は↓

【時系列で読める】小1不登校きろく2021年9月に不登校になった小1息子と母の記録。 いつかこの日々を振り返った時にそんなこともあったね、ハハハと笑っていられるように…...

【小1不登校・登校渋り】GWの様子

入学して初めて迎えるGW。
ようやく学校生活に慣れてきたところに、こんなに休みをはさんでしまったら休み明けはどうなるんだろうと心配しかありませんでした。

例年GWには近県の夫の実家に帰省していますが、この時は流行り病の不安もあり、帰省せずに家族でゆっくり過ごしました。
公園で体を動かして遊んだり、美味しいものをテイクアウトして楽しんだり。

私自身、転職したばかりで職場と子育ての両立にかなり疲弊していたこともあり、
家族でとてもリフレッシュできたなぁと感じた覚えがあります。

【小1不登校・登校渋り】GW明け~夏休み

そしていよいよGW明け。
初日は若干登校を渋る様子はあったものの、そこまでの抵抗はなくすんなり登校しました。

それから夏休みに突入するまでの1学期間、自宅の玄関から一人で登校班に参加できるように。入学後の登校渋りが嘘だったかのように5月~7月は本当に普通に登校できていました。

入学してから、登校渋り~その後の不登校の様子を夫と共有するためにLINEのトークルームをつくって、そこに息子の様子やどんな風に対応したかを細かく記録しているのですが、この期間の記録がごっそりぬけています。

恐らく本当に普通に登校するようになって、問題が解決したように思っていたのでしょう。
今となっては、玄関からランドセルを担いで一人で登校していた時の姿をまったく思い出せなくなっています…。(今現在<2022.9>は車で送迎+教室まで落ち着くまで付き添い)

【小1不登校・登校渋り】一人で登校できた幻の3か月間

その、「他の子と同じように通えていた」3か月間は、息子にとってどんな日々だったのか、今となっては分からないのですが、

私たち親からすると、その期間があったことで、その後に不登校になってからも
「うちの子は時間がかかるけどやっぱり他の子と同じようにできる」
「なんとか、以前のように他の子と同じように早く学校に戻したい」

という、気持ちから抜け出せずにいました。
自分たちが早く安心したかったのかもしれませんね。

息子なりの、「成長のペース」をゆっくり見守る、という視点が完全に抜けてしまっていました。
まぁ、これは今だからこそ言えることではあるのですが。

そして1学期は無事に過ぎ、夏休みに突入します。